Takeru Sato

Premier forum français sur l'acteur japonais Takeru Sato.
 
AccueilAccueil  CalendrierCalendrier  FAQFAQ  RechercherRechercher  S'enregistrerS'enregistrer  ConnexionConnexion  

Partagez | 
 

 [28.06.2011] (1)

Voir le sujet précédent Voir le sujet suivant Aller en bas 
AuteurMessage
Miaouss483
Administratrice
Administratrice
avatar

Féminin Nombre de messages : 375
Age : 28
Localisation : Hauts-de-Seine
Date d'inscription : 31/01/2011

MessageSujet: [28.06.2011] (1)   Mar 28 Juin - 15:48

2011-06-28 10:45:03

実写版『るろうに剣心』



『るろうに剣心』が実写化されると初めて聞いた時、「ありえない!」と思った方がたくさんいらっしゃったのではないでしょうか?
ぼくもそのうちのひとりです。
人気漫画の実写化の難しい理由として、ファンの方の中で世界観が確立されてしまっているという点がひとつあげられると思うのですが、ぼくもこの作品は漫画、アニメ共にまさに世代でして、子供の頃夢中で見ていた記憶があるのでわかります。
特に『るろうに剣心』は誰もが知ってる超人気漫画ということはもちろんですが、登場人物のビジュアル、そしてバトルものだということが実写化実現を一段と難しくしていると思います。

だからこのお話をはじめ聞いた時は、正直難しいと思いました。
戦闘シーンなんか絶対無理だろうと、剣心たちの速さや技を実写でどう表現するんだと思いました。


しかし、今回一緒にこの映画製作に携わっていただく美術チームのみなさん、キャラクターデザインチームのみなさん、アクションチームのみなさん、そして龍馬伝で大変お世話になった大友監督など、たくさんのプロフェッショナルなスタッフの方々に会い、話をし、様々な資料映像を見せていただきまして、

"見え"ました。

『るろうに剣心』の実写化は可能だと思います。
もちろん漫画やアニメの世界観をそのまま表現できるという意味ではありません。
みなさんに面白いと思っていただけるような、なおかつ認めていただけるような、そんな映画がこのチームだったらつくれるんじゃないかという意味での"可能"です。

目指すところはビジュアル、アクション、この作品全ての世界観を"リアルに落とし込んだら"です。


今回、緋村剣心役を務めさせていただくことになりました。
ハードルが高いことはわかっています。
今までこの作品製作に携わってきた全ての方々、そしてファンの方の想いを胸に、心して挑ませていただきます。

もしよろしければ、応援のほどよろしくお願い致します。

_________________
Revenir en haut Aller en bas
 
[28.06.2011] (1)
Voir le sujet précédent Voir le sujet suivant Revenir en haut 
Page 1 sur 1
 Sujets similaires
-
» Calendrier CAEA 2011
» 2011 - CamaC4 : AK bâchée ELIGOR - Code 1 - Décoration CAMAC
» Programme de l'Opera de Paris 2010 -2011
» Championnat du Monde de 2011 f3k
» [Topic Unique] Lyon 6, 7, 8, 9 & 10 Avril 2011

Permission de ce forum:Vous ne pouvez pas répondre aux sujets dans ce forum
Takeru Sato :: Takeru Sato :: ♦ Articles de son blog :: Articles à traduire :: 2011 :: Juin-
Sauter vers: